仁木拓人を応援する会(後援会)会則

第1条(名称)
この会は、「仁木拓人を応援する会」と称します。(以下「本会」という。)
第2条(目的)
本会は、仁木拓人のテニス競技活動全般を支援することを目的とします。
第3条(事業)
本会は、上記の目的を達成するために、広く企業スポンサー様、個人サポーター様を募り、これらの拠出する金銭(以下会費と称す)を仁木拓人のテニス競技活動の費用に充てるものとします。
第4条(会員)
本会は、第2条の目的に賛同する方々で組織します。
会員は、次の場合資格を失うものとします。

・退会の申し出があった者

・死亡した者

・理事会で会員としてふさわしくないと判断した者
第5条(入会)
本会に入会する方々は、理事会により承認された方に限ります。
第6条(会員資格)
会員資格は、毎年9月1日~翌年の8月31日までとし、期間中での入会はすべて、この期間内での有効とします。
第7条(組織)
この会には次の役員を置くことにします。
会長 1名
副会長 1名
理事 1名以上
監事 1名
2.理事のうち、1名を会長、1名を副会長とします。
3.理事会は事務の処理をするために事務局および、事務局長を置き、事務局は理事会が決定した業務並びに予算を執行するものとします。
第8条(役員の選任)理事会は任期満了の1か月前までに次期の役員を会員の中から選任します。
2.役員の任期は、その就任の日から3年とします。
ただし、補欠または増員で就任した役員の任は、現在役員の残存期間と同一とします。

また、任期満了時において前項の手続きにより次期役員が選任されていない場合は、次期役員が選任されるまでの期間、任期を延長します。

尚、再選はさまたげないものとします。
第9条(役員の職務)会長は本会を代表し、その業務を統括します。

2.理事は規則に基づき本会の業務の執行を決定します。
3.監事は次の業務を行います。
1)会計、財産の状況を監査すること
2)会長、理事の業務執行を監査すること。
第10条(理事会の機能)理事会はこの規約に定めるもののほか、本会の運営に関する次の事項を決議します。
事業計画、予算及び決算の決定並びにその変更
第11条(役員の選任)
本規約その他本規約に係る基準等の変更その他本会の運営に関する事項
第12条(理事会の開催)
理事会は会長が必要と認めた場合に、会長が召集し、開催することとします。
第13条(会議の決議)
理事会の議事は出席した理事の過半数をもって決します。
第14条(運営費)
本会の運営費には、会費の一部を当てます。
第15条(予算及び決算)
本会の予算及び決算は理事会の議決により定め、決算は会計年度終了2ケ月以内に、監事の監査を受け、会員及びスポンサー様、個人サポーター様に報告するものとします。
第16条(会計年度)
本会の会計年度は毎年9月1日から8月31日までとします。
(附則) この規約は平成23年9月1日から施行します。